「きらりと光る北の建築」賞

2013年 入賞作品

小坂裕幸建築設計事務所

「福井の家」

Return


LINK:

小坂裕幸建築設計事務所

「きらりと光る北の建築」賞 :北海道建築士事務所協会札幌支部:


作品名:「福井の家」

 札幌市西区福井の古い住宅地に建つ、家族3人が暮らす住宅です。
 公園と道路に囲まれたほど良い広さの敷地の中央に、周囲に圧迫感のないボリュ-ムの三角屋根の住宅を設計しました。
三角屋根のシルエットは北海道で最もなじみのある住宅のカタチであり、ここで暮らす人や地域の人達にいつまでも愛される家となって欲しいとの思いがこめられています。
 内部は4つのレイヤで構成されており、南側から北側に向かって順に「玄関と階段室」「居間・台所・多目的室」「水廻り」「寝室と子供室」となっています。この層をなす壁によりどの方位に開口を開いてもプライバシ-を確保しながら、直接光を拡散光に替えた柔らかい光をとりこむことができます。三角屋根の形態にすることで、おのずと1階の床面積が広くなり将来平屋として暮らせる間取りとなっています。2階は高さを抑えた壁と勾配天井に囲まれた屋根裏部屋の様な不思議と落ち着く場所となり、また窓から見える白樺や手稲山は常に季節の変化感じさせてくれます。
 どこか懐かしさを感じる素朴な佇まのこの住宅が、これから少しづつ増えていくであろう緑に囲まれ、隣の公園と同化される姿を気長に見守って行こうと想っています。

写真撮影:川尻 亮一