「きらりと光る北の建築」賞

2014年 優秀賞作品

アトリエサノ

「厚別の家」

Return


LINK:

アトリエサノ

「きらりと光る北の建築」賞 :北海道建築士事務所協会札幌支部:


作品名:「厚別の家」

 敷地は間口約8メートル、奥行約18メートルの南北に細長い平地で、三方は隣家、北側は道路と鉄道用地に面しています。そこで、北側に大開口、南側の隣家との間に坪庭やテラスを設け、南北方向に建物を開放可能な鉄骨造の3階建てとしました。また、敷地の奥行きを生かしてさまざまな居場所を設け、開放感と家族の居心地の良さの両立を目指しました。建物中央の吹抜は、空間を緩やかに区切るとともに冷暖房を効率化する効果があります。熱源には地中熱ヒートポンプを採用し、環境負荷の低減に配慮しました。

 音楽が生活の一部にある住まい手なので、内外装には防音・吸音性能、音響を検討してレンガや珪藻土などの素材を選びました。北海道遺産に認定された隣町の「江別のれんが」を積み、軽やかな開口部と調和するような佇まいとしました。

 1階の車庫は南北両面にシャッターを設けました。開け放てば南側の坪庭まで光と風が通り抜ける「通り庭」となります。明るい2階の広間では家族が集い、楽器や植物に囲まれ過ごします。3階の子供室からは街並みを一望でき、南側の水廻りは直射光を吹抜側へ反射拡散するフィルターのような役割も持ちます。

 日常生活が街並みに彩りを添える。周辺の景色とともに暮らす住宅です。

写真提供:アトリエサノ